ごちそうさま 韓国語。 日本語「ごちそうさまでした」→韓国語「JALもごちそうよ(잘 먹었어요)」

日本語「ごちそうさまでした」→韓国語「JALもごちそうよ(잘 먹었어요)」

ごちそうさま 韓国語

- 2016 10月 7 6:42午前 PDT 「ごちそうさま」は食事後の大切な挨拶 韓国語で「ごちそうさま」の正しい発音や、使えるフレーズをご紹介します。 「いただきます」「ごちそうさま」は、食事の際の大切な挨拶ですよね。 韓国では、料理を作ってくれた人や、料理を奢ってくれた人に対して必ず「いただきます」と「ごちそうさま」を言います。 「ごちそうさま」の正しい発音をマスターして、食事後に気持ち良い挨拶ができるようになりましょう! 【関連記事】• 韓国語で「ごちそうさま」の正しい発音をチェック! ハングルで「ごちそうさま」は、「잘 먹었습니다」と表記します。 「잘」は「チャル」、「먹었습니다」は「モゴッスンミダ」と発音します。 「잘(チャル)」は「よく」と言う意味で、「먹었습니다(モゴッスンミダ)」は「食べました」と言う意味です。 「잘 먹었습니다(チャル モゴッスンミダ)」を直訳すると、「よく食べました」という意味になります。 「よく食べました」という直訳通り、韓国人は「美味しそうによく食べる人」には好感を抱きます。 よく食べ、「ごちそうさま!」と元気に言えると韓国の人も喜んでくれるので、お店で食事をした際にもきちんと「잘 먹었습니다(チャル モゴッスンミダ)」と伝えるようにするといいですね! 「ごちそうさま」とセットで覚えたい!韓国語で「美味しい」ってなんて言うの? - 2016 7月 3 4:52午前 PDT 「ごちそうさま」とセットで覚えたい「美味しい」は、韓国語で「맛있어요(マシッソヨ)」と言います。 「とても」という意味の「너무」をつけて、「너무 맛있어요!(ノム マシッソヨ)」(とても美味しいです)と使われることが多いです。 「맛있어요(マシッソヨ)」の丁寧な言い方は「맛있습니다(マシッスンミダ)」と言います。 目上の人にご飯をご馳走になった際には「맛있습니다(マシッスンミニダ)」を使うことをオススメします。 また、若者言葉としてネイティブの多くの人が使う「めっちゃうまい!」は、「완전 맛있다(ワンジョン マシッタ)」と言います。 いろんな言い方があるので、シーンによって上手に使い分けて見てくださいね。

次の

韓国語で「いただきます」と「ごちそうさま」

ごちそうさま 韓国語

韓国語で「いただきます」は? 韓国語で「いただきます」は、 잘 먹겠습니다 チャル モクケッスムニダ と言います。 잘 チャル は「よく」、먹겠습니다 モクケッスムニダ の原型は먹다 モクッタ で食べるという意味です。 겠 ケ は、意志を表し、습니다 スムニダ は丁寧な言い方をする時に使う表現です。 ですから、잘 먹겠습니다 チャル モクケッスムニダ は、 直訳したら「よく食べます」という意味になります。 ちなみに、よりカジュアルな表現は、잘 먹겠어요 チャル モクケッソヨ だという人がいますが、この表現は韓国では使いません。 カジュアルに表現したい時は、잘 먹을게요 チャル モグルケヨ という表現を使い、目下の人やより親しい人に対しては、잘 먹을게 チャル モグルケ と言ったりします。 韓国語で「ごちそうま」は? 韓国語で「ごちそうさま」は、 잘 먹었습니다 チャル モゴッスムニダ と言います。 먹었습니다 モゴッスムニダ は、먹다 モクッタ の過去形を丁寧に言う時の表現です。 ですから、잘 먹었습니다 チャル モゴッスムニダ は、 直訳したら、「よく食べました」という意味になります。 また、「ごちそうさま」のカジュアルな表現は、잘 먹었어요. チャル モゴッソヨ で大丈夫です。 そして、目下の人に対しては、잘 먹었어 チャル モゴッソ と言います。 韓国では使い方が違う ただ、実際に韓国で生活をしていると、 韓国では「いただきます」や「ごちそうさま」という表現をあまり使いません。 日本では、子供たちが、「いたーだきます!」とか「ごちそうさまでした!」と元気よく挨拶をしますよね。 そういった光景は本当に微笑ましいなあと思うのでが、 韓国の子供たちはそんなことしません。 我が家の子供たちも、「給食の時、『いただきます』とか『ごちそうさま』って言う?」と聞いたら、「言わない、言わない」って強く否定をしていました。 でも、それは、韓国の子供達のしつけがなっていない訳ではなく、 「いただきます」と「ごちそうさま」の使い方が日本とは本質的に違うからです。 具体的には、• 日本では、食べられることに感謝して言う• 韓国では、食事を作ってくれた人や奢ってくれた人に対して言う という違いがあると言えます。 もちろん、韓国でも宗教をやっている人は感覚が少し違うようですが。 ですから、韓国では、一人で食べる時、或いは、飲食店へ友達と言った時も、割り勘であれば、「いただきます」や「ごちそうさま」とは言いません。 誰かが特別に作ってくれたり、奢ってくれたりしたら、 その人に対して、「いただきます」や「ごちそうさま」を使うことが多いです。 あと、韓国では「いただきます」や「ごちそうさま」と言う時、 手を合わせる習慣がありません。 日本人が、手を合わせるのは、天に対する感謝の気持ちが込められているからなのかなって思います。

次の

韓国語で何て言う?「いただきます」|日本とは微妙に違う使い方

ごちそうさま 韓国語

私が日常的に使う言葉です。 いただきます。 ・・・ チャル モッケ スムニダ ごちそうさまでした。 ・・ チャル モゴッ スムニダ おいしいです。 ・・・マシッソヨ まずいです。 ・・・マドプソヨ 行ってきます。 ・・・ タニョ オゲッ スムニダ または カッタ オゲッ スムニダ ただいま・・・タニョ ワッ スムニダ こんにちわ。 ・・・アンニョン ハセヨ さようなら・・・・チャル ガヨ または ット パヨ・・・丁寧に「アンニョンヒ カセヨまたはアンニョンヒ ケセヨ」 おはようございます。 ・・・チョウウン アチミエヨ (いい朝ですね)韓国語では「おはよう」に値する言葉はありません。 おやすみなさい。 ・・・アンニョンヒ チュムセヨまたはチャル ジャヨ ありがとうございます。 ・・・コマスミダ ごめんなさい。 ・・・ミアナムニダ したいです。 ・・・ハゴッシポヨ 良いです。 ・・・チョアヨ いやです。 ・・・シロヨ いいです 許可)。 ・・・テヨ・・・?を付ければ「いいですか?」になります。 だめです。 ・・・アンデヨ・・・?を付ければ「だめですか?」 簡単な言葉だけ書いてみました。 『いただきます』・・・チャルモッケッ スムニダ 『ごちそうさま』 ・・・チャルモゴッ スムニダ 上記の『チャルモッケッ スムニダ』は、 日本のように頻繁に使われるわけではないので注意が必要です。 一般的に、ごちそうされる側が、ごちそうしてくれる側に言う言葉です。 すなわち、『ごちそうになります』という言葉にあたりますので、ご注意を・・ 自分がご馳走したいときは、 『トゥセヨ』・・どうぞ を使うと自然ですよ 美味しいです・・マシッソヨ ・・ 美味しい・・マシッタ まずいです ・・マドプソヨ ・・ まずい ・・マドプタ 乾杯 ・・ コンベ 痛ッ ・・ アヤ! おなかが痛いです ・・ ペガ アッパヨ あたまが痛いです ・・ モリガ アッパヨ おやすみなさい ・・ アンニョンイ チュムセヨ よく眠れましたか? ・・ チャル チャッソヨ? 何かありましたか? ・・ ムスン イリセヨ? 面白いです ・・ チェミイッソヨ うれしいです ・・ キッポヨ いくらですか? ・・ オルマエヨ? 何時まで開いてますか? ・・ ミョッシ カジ ヘヨ? 寝たいです ・・ チャゴシッポヨ 何か探してますか? ・・ モォ チャジュセヨ? などなどです^^ ~~ヨ と、ヨで終わっているものは、 語尾を上げると、疑問系。 下げると、断定していうことができるので便利です。

次の