かぐや様。 『かぐや様は告らせたい』181話感想 つばめ先輩と愉快な仲間たち!どんどん繋がっていく人間関係!

『かぐや様は告らせたい』183話:白銀御行は慰めたい感想 マクロな視点で1勝1敗の恋愛頭脳戦に第三ラウンドはあるのだろうか?

かぐや様

本編とは違い、同人版はエロを売りにしてるとのことですが、エロを押し出すために話が陳腐で不快に感じる場面もちょいちょいあります。 中でも2話の藤原姉妹の話を読んだ時は買ったことを後悔したくらいです。 エロを売りにしたマンガだからといってエロいクソガキがイタズラする話とか正気か? これがまだ性知識のない清くん こっちももうダメ みたいな子供達ならまだよかったのだが性知識を持った子供が明確な意思の元セクハラする話をどう読んだら面白いと思うのか。 エロくすればいいというものでもない。 唯一8話の圭ちゃん回は面白かった。 自分が同人版に期待していたエロとは、原作のようにコメディしつつもパンチラしてるコマがあるだとか、少し性的なラブコメ展開があるとかでよかったのにエロシーンを書くために話のおもしろさ、キャラの好感度を犠牲にした本末転倒なスピンオフになっている。 あと、カバー裏の絵はかぐや様キャラのグラビアと見せかけてじいさんの裸が描かれてますが、正直呆れました。 本編がギャグというのも憚られるようなお粗末な出来でエロに頼りきった中身のないスピンオフなのに少しでもかぐや様のテイストを出したかったのかカバー裏にギャグを持ってくるという愚行。 そんなとこ拘るくらいなら本編面白くするのを頑張ってカバー裏なんかよくあるエロコメ同様のイラスト載せとけばいいのに本編はエロに頼りきりでカバー裏はギャグマンガみたいなノリ しかも大して面白くない でなにもかも中途半端。 他の方がどう感じてるかどうかは知りませんが、少なくとも自分はエロシーン書くために長々とつまらない話を書くくらいならかぐや様キャラのエロいイラストの画集でも出した方がまだよかったと思います。 かぐや様は告らせたい のスピンオフ作品。 本編は恋愛頭脳戦ギャクを見せる為にエロ要素は排除してますが、コッチはちょいエロぐらいまで解禁。 かわりに頭脳戦要素はほぼほぼありません。 第一話が「藤原書記のパンツが丸見えになってるのをいかにオブラートに伝えるか」なんですが、なんなんだその不自然エロは!オメーは瀬尾公治かYO!そう、この本は例えるなら、「瀬尾公治が話を考えたかぐや様」です。 実際、本編の同人誌描いてた人が作者のドラゴンボール超方式みたいですね。 確かに絵が拙い。 話も石上君がつばめ先輩と体育倉庫に閉じ込められたりベタな話が多いです。 御行と石上君が銭湯で女子を覗く話が始まった瞬間に「ああ、話考えられない人なんだなぁ…」とお察し。 キャラ崩壊がエグい。 まあ雰囲気は残ってるので「かぐや様は〜」を知ってるならそこそこ楽しめます。 知らない人は是非本編から読んでみてください。 本編は間違いなくおススメですので。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition.

次の

『かぐや様は告らせたい』178話:井伊野ミコは聞き出せない 感想 ミコちゃんは新型コイウイルスに感染してるようにしか見えん件!

かぐや様

スポンサーリンク しりとりカードゲーム 藤原が提案した「しりとりカードゲーム」とは、簡単に言うとスピード感と閃きが大切なゲームです。 手札は5枚なので、5つの言葉をしりとりで繋げることができたら勝ちになります。 藤原自身は勝敗に関係がないのでとことん2人を煽っていきます。 「負けた方がバカ決定なので、私がおバカちゃんでした ごめんなさいって深々と頭下げましょうね」 そして、さっそくはじまったしりとりカードゲーム、スタートは「て」からです。 「て」は「で」も可能 伊井野は「デート」に繋げます。 伊井野は石上が考えているうちに次々としりとりを繋げていきます。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」178話より引用 「問い合わせ」「先輩」「痛み」 …言葉のチョイスは微妙ですが、伊井野がリーチをかけます。 スポンサーリンク 石上くん、わざとですか? 「負けたら謝罪ですよ〜おバカ謝罪!」 石上は藤原の態度を見て、もしも自分が勝ったら伊井野と共に謝ってもらうように依頼します。 「どうぞどうぞ」 軽い返事をする藤原でしたが…。 石上の大逆襲が始まりました。 「操」「横暴」 石上の残りは3枚になりました。 対して、伊井野が持つ最後のカードは「こ」です。 「う」で始まり「こ」で終わる言葉…。 「ち」で始まり「こ」で終わる言葉…。 これで石上のカードは残り1枚です。 「ま」で始まり「こ」で終わる言葉…。 「いい加減にしてよ!この変態!」 伊井野は怒りますが…。 石上の最後のカードは「け」でした。 「あなたが悪いわよ」 生徒会のメンバー同士、相手に関心も持つし心配もするものです。 それを野次馬だと斬ってしまったら反感を買うのも当然でしょう。 かぐやは大人の対応を見せましたが、もしかしたら伊井野の気持ちを慮ったのかもしれませんね。 石上も、かぐやの話を聞いて反省したのか、伊井野に謝まりました。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」178話より引用 「悪かったよ 伊井野。 許してくれるか?」 「私こそごめ…」 いい感じをぶち壊したのはまたも藤原でしたw 「待って待って…何の話ですか?」 みんなは石上がつばめとデートしたことを知っていますが、藤原は全く知らされてなかったのです!.

次の

最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』178

かぐや様

スポンサーリンク 御行の苦悩 御行は困っていました。 かぐやと藤原のカプ論争に巻き込まれ、結論を出せないまま逃げ出していたのですw 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 御行の本心は「中立」です。 生徒会長でもある御行にとっては石上も伊井野も大切な存在であり、どちらかを贔屓することは避けたいと思っていました。 でも…頭に浮かぶのはかぐやの顔です。 御行の想像の中でのかぐやは、自分と主張の違う御行に対し「恋愛における価値観が違うようですね 私たち少し距離を置きましょう」と言い出しました。 かぐやは石つば派 あくまで想像ですが、御行にとってそれは避けたい事態! 彼氏としてはかぐや側に立つべきだろうと思いつつも、生徒会長としての中立性も捨てきれず、御行はストレスを抱えていましたw スポンサーリンク 伊井野、勘違い 御行が生徒会室に入ると、伊井野と御行の二人きりでした。 御行はこの状況をチャンスだと思いました。 伊井野が石上を好きだという前提自体、御行にとってはまだ確信が持てずにいたことです。 御行は遠回しに伊井野に探りを入れてみることにしました。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 ギプスが取れた話などを織り込みつつ…「伊井野は好きな男とかいないのか?」と、問いかけます。 「居ませんよ!」 慌てて伊井野は答えますが、御行は何としても知りたいが為、更に「好きなタイプとかあるだろう!!どういう男が好きなんだ?!」と畳み掛けてしまいますw ひょっとして口説いてるのか…? 伊井野、勘違いしますw スポンサーリンク 伊井野は大切なことを知っていた! 伊井野のタイプ…自分より勉強ができる人について、御行はさすがに難しいのでは?と意見します。 御行の意見に同意しつつ、伊井野は御行をからかいました。 「私と同じくらいの成績で私の憧れる生徒会長の役職に付いてて…私のタイプって白銀先輩なのかもしれませんよ?どうします?」 御行はそんな伊井野を嗜めますが、驚きの一言が飛び出します。 「もちろん冗談です 会長とは四宮先輩が付き合ってるの気付いてますから」 伊井野が知っていることに御行もビックリです。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 「あくまでタイプはタイプ それが恋愛感情に直結するとは限らないですよ」 伊井野は、大切なことをすでに知っていました…。 スポンサーリンク 藤原でさえ…撤退! 藤原はかぐやとは対立したまま結論が出ずにいました。 ここはやはり御行に白黒つけてもらいたいと考えた藤原は生徒会室には飛び込みます。 そこで目にしたものは… 般若心経に包まれた2人の姿でしたw 「俺が例の件についてどう思っているか か…」 藤原を見た御行は遠い目をして呟きました。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 「『羯帝羯帝波羅羯帝』って感じかな」 「えっ何言ってるのかわからない…」 藤原は御行の異様な雰囲気に恐怖を感じていました。 「藤原も写経…やってみないか?」 御行の隣で微笑む伊井野がちょっとかわいいです…が! 「すみません!もう会長を巻き込むのはやめますから巻き込まないでください!」 藤原は猛ダッシュで逃げて行きましたw スポンサーリンク 石上が好きなのか? 藤原が去り、般若心経も悪くない…と御行が思っていた頃…。 窓の外には石上とつばめが楽しそうに話す姿がありました。 夕陽に染まる中で、それを見つめる伊井野の瞳は暗く、切ない気持ちにさせられます。 「伊井野 石上が好きなのか?」 御行は伊井野に聞きました。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 「嫌いですよ あんなヤツ」 全然タイプじゃないはずなのに、つばめとのデートの話を聞いてから…。 「鼻の奥がツンてなって苦しくなる」 「会長 私どうしたらいいんでしょう」 その理由に、伊井野はもう気付いているのでしょう。 この恋心はどこへ向かっていくのでしょうか? スポンサーリンク 『かぐや様は告らせたい』ネタバレ180-181話のまとめ 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」180話より引用 今回のお話では伊井野の気持ちがほぼ、わかりましたね。 好きという言葉でこそまだ認めていませんが、タイプと恋愛感情が結びつかないことは認識していますし、最後の表情は恋する女の子でした。 でも石上は多分、伊井野のこの気持ちには全く気づいていないと思われるので、知った時の反応が今からかなり楽しみです。 そして、石上が最終的に選ぶのは誰になるのか…。 恋愛においては、笑顔になる人と涙を流す人と…どうしてもそうなってしまう側面があります。 色々と複雑に気持ちが絡み合ってきた石上編、今後の展開がとても気になります。 引き続き目が離せませんね!.

次の