重用、他人事、世論… 最新の正しい読み方わかりますか?(2020年11月21日)|BIGLOBEニュース

読み方 世論 読み方 世論

🌏 これについて、予備校の国語の先生に教えていただいたことを、今も鮮明に憶えています。

13

文化庁

読み方 世論 読み方 世論

🤝 「輿」は「こし」とも読み、祭りの時の「お神輿(おみこし)」のことです。 広範性はあっても,変化を許容する合理性は薄く,伝統性を守るべき言葉ではないでしょうか。 読み方は固定していないと考えておくのが妥当です。

重用、他人事、世論… 最新の正しい読み方わかりますか?

読み方 世論 読み方 世論

🤔 取り違えないために、「さくじつ」が使われることがある。 正しい世論はひとびとが和して同じないところに生まれ、世論の堕落は同じて和しないところに起こる」 天野貞祐。

7

重複、世論・・・

読み方 世論 読み方 世論

😜 「重複」,「世論」については#1の方に賛同します。

19

「世論」の正しい読み方と使い方は?

読み方 世論 読み方 世論

😃 世論を用いた例文としては、「世論調査が実施された」や、 「この改革は世論を反映させている」のような使い方で用いられています。

15

世論の読み方って、「よろん」であってますか?テレビで「せろん」と、読んでいた...

読み方 世論 読み方 世論

❤️ 一方で(主に戦前)は、「世論」とは、世間一般で言われていること、世間の風潮や雰囲気という意味合いであったので、もとは「」(よろん)と「世論」(せろん)とは一線を隔する語句であったと言える。 私は「世の中の人々の意見」の方がしっくりくるので、「世論(よろん)」と読む派のひとりです。 「セロン」と読むべきだと言う人が出てきたのです。

17