あのね ノート。 1年生 「あのねノート」をはじめました

日本ノート株式会社。学童向け学習帳を主に、ノート、メモ帳等の文具製品を取り扱う総合ノートメーカーです。|日本ノート株式会社

あのね ノート

ショウワノート株式会社(本社:高岡市/代表取締役 社長執行役員 中条 宏志)は、コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)と共同で、誰しも一度は使ったことがあるだろう懐かしいデザインの「ジャポニカ学習帳(発売元:ショウワノート)」と「キャンパスノート(発売元:コクヨ)」のミニノート(あのころノート)を、4月26日(金)から数量限定で発売します。 「あのころノート」は、平成が終わり、新しい令和の時代が始まるこの時に、当時と同じデザインのノートを手にとることで、子供時代の懐かしいエピソードや、甘酸っぱい青春時代を思い出すきっかけになって欲しい、という思いから両社が共同で企画しました。 ジャポニカ学習帳からは、1970年に発売された初代のシリーズをはじめ、初代と同じ1970年代、1980年代、1990年代、2000年代の中から5種類のデザインをご用意しました。 製本や表紙のデザイン、付録の読み物を再現しつつ、ミニサイズにすることで思わずそろえたくなるかわいい手のひらサイズのノートに仕立てています。 また本商品の発売を記念し、「私の好きなノートはこれ!思い出のノートを投票&投稿キャンペーン」を 4月22から5月31日までの期間実施します。 「あのころノート」のジャポニカ学習帳、キャンパスノートそれぞれの中から、好きな表紙をひとつ選んで投票し、その理由などと共にTwitterでシェアして頂いた方の中から、抽選で30名様にジャポニカ学習帳とキャンパスノートのデザインをプリントしたトートバッグをプレゼントいたします。 また、本文は大人の方でも使っていただけるように横罫を採用しています。 「あのころノート」の商品仕様 品名:懐かしの歴代ジャポニカ学習帳 1970年A 品名:懐かしの歴代ジャポニカ学習帳 1975年B 品名:懐かしの歴代ジャポニカ学習帳 1984年C 品名:懐かしの歴代ジャポニカ学習帳 1993年D 品名:懐かしの歴代ジャポニカ学習帳 2004年E メーカー希望小売価格(税込)162円 発注No. 東北地方• 関東地方• 中部地方• 近畿地方• 中国地方• 四国地方• 九州地方• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 岐阜県• 静岡県• 愛知県• 三重県• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県• その他.

次の

あのねきいてねノートを始めました あのね帳ジャポニカの書き方

あのね ノート

スポンサーリンク あのねきいてねノートを買ってきたわけ 小1の息子の夏休みの宿題で、「読書感想文」を書かせたときに、(あ~、作文なんてまだまだ無理そう・・・)と感じました。 そこで、 ちょっとずつでも自分のことを文章で伝える練習をさせるには どうしたらいいだろう? と考えて、あのね帳を書かせることにしました。 あのね帳はジャポニカ学習帳のイラストシリーズにしました ジャポニカ学習帳の「あのねきいてね」ノートには70字と80字のものがあります。 大きめの字が書ける70字の方にしました。 字がまだまだヘタなので、 大きめの字で丁寧に書かせるようにしたいと思います。 ところで、このノートの表紙の絵、とっても可愛らしいですよね。 このイラストは絵本や教科書の表紙などで活躍中の絵本作家、いがわひろこさんの書き下ろしです。 裏表紙にも可愛らしいイラストが描かれています。 このノートのつかいかた• みたことやしたことをかきましょう。 かくことのじゅんばんにきをつけましょう。 (、)(。 )(「」)のかきかたにきをつけましょう。 息子の場合、「日記を書いてね」というとちょっと抽象的で「何書けばいいの?」となってしまいそうなので、「習い事で先生に言われたことを書いていくようにしようね」と伝えました。 最初はノートに字が書けたらOKくらいのところからスタートしてみます。 習い事ならば毎日書かなくてもいいし、言われたことを思い出す作業なら自分でゼロから文章を考えるより楽なのではないかな?と思います。 慣れてきたら、言われて自分がどう思ったか、次はどうするかとかまで書いてくれるといいなと思ったり・・・。 習い事自体もノートをつけることで成長してくれたら一石二鳥なのですが、どうなることやらです。 実は習い事ノートは元々つけるようにアドバイスしていたのですが、続かなかったので、ノートを書きやすそうなものに新しくしてみて、再挑戦です。

次の

〜懐かしの「ジャポニカ学習帳」と「キャンパスノート」がミニサイズで〜 新時代に向けて過去を振り返る「あのころノート」を発売

あのね ノート

1年生のときから、週末の宿題に「あのねノート」というのがある。 「先生あのね、・・」で始まる作文ノートのことだ。 先日、1~2学期のをパラパラとめくってみると6Bで書いたのかと思われる 濃すぎる筆跡で子供達は我が家の様子を赤裸々につづっていた。 「先生あのね、土曜日にごはんやさんに行きました。 その前の晩にもごはんやさんに行きました。 ラーメンを食べました、そのあとあんにんどうふも食べておいしかったです。 」 「先生あのね、今日コープでかあさんとパンを食べました。 母さんがひるごはんよと言いました。 」 「先生あのね、日曜日に父さんがパンを買ってきました。 チョコパンはドラえもんの顔でした。 おいしかったです。 」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ なにこれ・・・。 食べ物のことばっかじゃん まだまだほかにも、食べ物のことがいっぱい書いてあった。 はーずーかーしー・・・・・ 先生からのコメントが赤で書いてある。 「たくさんパンを食べたんだね。 よかったね。 」 ・・・・・・・・ 先生も、ほかに書くことはなかろう(--)。 ごはんやさん、というのは外食のことで、たまたまその週は外食をした次の日に 両親が来てまた外食になったりしたのだと思われる。 よく覚えてないが。 まるで、いつもいつも外食、そして家ではパンを買ってきて食べ 私が全然ご飯をつくらない母親みたいじゃないか!! 最近のを見てみると、さほど食べ物のことばかりは書いていないようだったので 安心した。 が、まったく油断はできない。 あんまり食べ物のことばっかり書くんじゃないよと言っておこう。 そういえば、夜に夫の母から電話があったりするとヒヤヒヤする。 子供の声しか聞こえないが、ばーちゃんの質問は全部分かる。 「あ、ばーちゃん。 ・・・こんばんは! うん、のんちゃんだよ!」 「うん、元気。 」 「母さん? いまパソコンしてる。 父さんはお茶碗片づけてる。 」 (言うな~~~~ ) 「うん、食べたよ。 」 (イカン、危険だ) 「えーっと、、、何だっけ。 ごはんとー、トマトとー、お水とー、 ・・あと忘れた!」 (メインを言え、メインをぉ~~~~ ) 「いいよ、ちょっと待ってね。 か~~~さ~~~~~ん! ばあちゃんから電話ぁ~~~~!」 というようなことはよくあることだ。 そして私は明るく電話口に出て、 「あ、お母さん。 こんばんは。 ううん、大丈夫。 ちょっと急ぎのメールひとつだけしてただけだから」 などと言い訳をしなくてはならない。 まったく、子供の口ときたら時々フタをしたくなることがある。 ごはんとトマトと水なんて昆虫の夕食じゃあるまいし、姑は何と思ったことだろう。 そういえばこの間ハルキに学校休ませて午前中 眼科・小児科・耳鼻科と病院巡りをしたとき お腹がすいたのでモスバーガーでお昼ご飯にした。 すごく混んでいて、相席になった。 優しそうなおばさんで、ハルキに声を かけている。 そして、ハルキを指さして私に「幼稚園?」と聞いてきたので 私は平日の昼間に学校休んでハンバーガー食べさせている後ろめたさと 説明することの面倒くささとで、とっさに「ハイ」と答えた。 するとハルキが 「ちがうよ!はーくん2年生だよ!!」 と言った。 カ~~~~~ やっちまったなぁ・・・・ 私はしどろもどろで「アハハハ、あれ?はーくん2年生だっけ?」とか 大マヌケなリアクションをするしかなかった。 そりゃ、2年生の男の子に幼稚園と言った私も悪いけどさ。 空気読め、ってんですよ。

次の